【質問箱】「don’t」を「~しない」と訳さないように注意しよう


no-1532826_960_720

 

「not」は「~ではない」、「don’t」は「~出来ない」  と覚えていますが、そうなると「I don’t like fish.」の訳が変になってしまいます。正しい覚え方を教えてください。

 

今回は、読者さんから届いた質問にお答えします!

 

do」は超基本的な単語ながら、意外とトリッキーな動きをします。なので、まずは基本のおさらいから。

 

do」には下記3つのような使い方と意味があります。

 

1)質問する時 … 「〜しますか?」

例)Do you play tennis?テニスをしますか?

 

2)動作を表現する時 … 「〜する」

例)I’ll do the dishers.私が皿洗いするよ

 

3)強調する時 … 「本当に / 実に」

例)I do like your idea.君の考えがほんとに好き)

 

ここからが本題ですが、「do」が「don’t」になった場合、言葉が持つ意味・使い方が大きく変わります。「don’t」は「~しない」という意味ではなく、「その後の言葉を否定する」になるんです!

 

例えば、「I don’t like fish.」という文章は、「魚が好き」という部分を否定する形になるため、「私は魚が好きをしない」ではなく、「私は魚が好きではない(嫌い)」といった訳になるわけです。

 

=====

 

英語を理解するポイントは、「○○の意味は●●だ」と暗記しすぎない事です。きちんと本質を理解できると、絶対に忘れない、強い地盤が出来上がりますよ!

 

 

日本ワーキング・ホリデー協会

KOTARO