日本ワーキング・ホリデー協会のコタロが教える英語集

KOTANGLISH
What is KOTANGLISH? Ask Your Question

Posts Tagged: 資格

  最近は日本も少しずつグローバル化が進み、いたるところで外国人労働者をみかけるようになりました。そのため、最近は採用の際に英語能力を重要視する企業も増えてきています。面接や書類審査の時に英語能力を図るために見られるのが、その人が所持する英語資格です!   英検やTOEICなど、英語の資格って、実はいろいろ種類があるんです。それぞれの資格に特徴があり、企業が目安とする基準も異なります。   今回は、英語資格ごとの特徴と目安にしたい基準をそれぞれご紹介します!     ■ 日本英語検定(英検) 英検は、日本では一番メジャーな英語資格だと思います。それもそのはず、基本的に日本人のために設計された英語検定だからなんです。高校性の時に受講したことがある人も多いのではないでしょうか。   英検は試験がレベルで分けられていて、3級以上では英語面接試験も実施されます。結果は合否で出ますが、レベル分けも細かいため自分の実力に合った挑戦をすることが可能です。回数は年3回とやや少なめですが、試験の実施会場が多いので受験しやすいと思います。   英検の最大の利点は、「参考書が多いこと」です。何気ないことのようですが、「過去問が沢山公開されている」「攻略法が確立されている」「勉強方法もたくさんある」ということは、試験自体は難しくても資格を取得するハードルを下げることが可能であるということです。   英検を就活に活かすのであれば、最低でも「2級」以上を目指しましょう!2級あたりから問題もぐっと難しくなるほか、面接試験が導入されるため「ちゃんと英語を話せる」という認識になるからです!   懸念点は海外での知名度。日本国外では英語の資格として認知が低いため、資格としては弱くなってしまいます。     ■ TOEIC 就活対策としての使用頻度なら、TOEICが日本ダントツ人気です!中国や韓国などでも広く採用されているため、アジア圏の商社などを目指す人にもってこいの資格かもしれません。   ビジネスシーンで活用できるように問題が組まれているので、社会人向けといえるでしょう。テスト回数は年間10回と多く、会場が多いのも特徴。試験の結果は合否ではなく点数で出るため、いつでも受けることができ、自分の英語力の指標にすることができるのがポイントです。また、TOEICも参考書が非常に多いです。目標スコア別に本が用意していあるくらいなので、自分に合ったものを選びましょう!   以前はリスニング・リーディングしかありませんでしたが、現在はライティング・スピーキングも試験に組み込まれているので、「TOEICは得点が高くても実力に直結しない」という印象も薄れつつあります。(2種類のテスト受講が必要です)   TOEICを就活に活かすのであれば、目指すべきスコアは最低でも「600点前後」になります。(990点満点)ただし、このスコアは最低ラインですので、もし英語を積極的に使う仕事に就きたい場合は「最低800点以上」を目指す必要があると言えます。     ■ TOEFL 進学や受験に使用するなら、TOEFLがベスト。海外へ進学・留学する際に英語能力を問う項目があるのですが、英検やTOEICだと海外での知名度は低いため、有効な資格として扱われない場合があるからです。 […]