やんわりお断りするときの英語フレーズ集!


thanks-1209247_960_720

 

メールでの対応について質問です。 出張でアメリカに行くことになっているのですが、 到着が日曜日にも関わらず、先方の担当者が空港まで 迎えに来てくれると言っています。 お休みの日に迎えに来ていただくのは申し訳ないので、 やんわり断りたいと思っております。 そのような場合はどのように伝えればよいでしょうか。

 

相手からのご厚意をどうしても断らないといけないことって、結構ありますよね。そんなとき、ただ「I don’t need it.不必要です)」と伝えるだけれはあまりに不親切です。

 

そこで今回は、やんわりと「NO」を伝えるときに役立つ英語フレーズ集をご紹介します!

 

 

■ 基本的なこと

断るときに使う英語フレーズももちろん大切なのですが、そのあとにちゃんと理由も伝えるように心がけましょう。

 

日本語だと「いい訳」っぽく感じられるかもしれませんが、海外では理由を教えてくれない方が気持ち悪いみたいです。もちろんすべてを話す必要はないので、簡潔に「~だから今回は遠慮するよ」と伝えましょう。

 

 

■ やんわり断るときに使える英語フレーズ

相手の厚意に感謝しつつ お断りする場合

基本は下記の3パターン!文末にお断りの理由が続きます。

 

That’s very kind of you, but ~

ご親切にありがとうございます。ですが~

 

Thank you for asking, but ~

わざわざ聞いてくださりありがとうございます。ですが~

 

Thanks for the offer, but ~

ご提案ありがとうございます。ですが~

 

 

こちらの非を詫びつつお断りする場合

こちらのパターンは、自分に非があって断らないといけない時に使うフレーズです。文末では断る内容を先に伝え、そのあとに理由を付けたしましょう。

 

I’m sorry but ~

すみませんが / 残念ですが

 

I wish I could, but ~

そうしたいのですが

 

I would like to, but ~

そうしたいのはやまやまですが

 

 

 

■ きっぱり断るときは…

状況によっては、きっぱりと断りを伝えることも大切です。しつこい誘いや営業に対しては強めに断らないと、ずーっと付きまとわれてしまうかもしれません。

 

I don’t need it

必要ありません

 

No thank you

結構です

 

No I won’t

(聞かれたことに対して)しません

 

 

■ 最後に

上記を踏まえて今回質問でいただいた内容を英語にすると、こんな感じになります

 

That’s very kind of you, but I’ll go by myself. It’s weekend, so I can’t make you come for me.

 

ご親切にありがとうございます。でも、一人で向かいます。週末なのに迎えに来て頂くわけにはいかないです。

 

 

日本ワーキング・ホリデー協会

KOTARO

 

TW-バナー