日本ワーキング・ホリデー協会のコタロが教える英語集

KOTANGLISH
What is KOTANGLISH? Ask Your Question

Latest Posts Under: すぐに使える英語フレーズ

覚えた英語を海外で使ってみませんか? ワーホリを使って、働きながら留学しましょう! ≫≫より詳しい情報はこちらから!≪≪     「ダイエット中なんです」と英語で伝えたいです!   留学やワーホリで長期的に海外滞在をすると、自分でも気が付かないうちにすごい勢いで体重が増えてしまうんです!男性はまだ2~3kg増くらいで済みますが、女性は5~8kg近く増量してしまうことも…   太ってきたことを誰かに伝えるときは、ストレートに「I’m getting fat(脂肪がついてきたの)」と伝えるか、「I gained some weight (体重が増えたの)」と伝えるくらいがいいでしょう。   もしくは、少し遠回しに「My pants are getting tighter lately… (この頃ズボンがきつくなってきたの…)」みたいな伝え方もありかもしれません。   また、もし体重が増えてしまったら、もうダイエットを始めるしかありませんよね!   そんなときは、「I have to go on a diet (ダイエットしなきゃいけないの!)」と友人に伝え、ダイエットの手伝いをしてもらうのもいいかもしれないですね! […]

覚えた英語を海外で使ってみませんか? ワーホリを使って、働きながら留学しましょう! ≫≫より詳しい情報はこちらから!≪≪   覚えた英語を海外で使ってみませんか? ワーホリを使って、働きながら留学しましょう! ≫≫より詳しい情報はこちらから!≪≪   レストランでの注文やショッピング中に、「これに決めた!」って思うことありますよね。これってどう英語に訳せばいいんでしょうか。   「決める」という意味を持つ英単語だと、「Choose」や「Decide」を連想しがちですが、どちらも決定の意思を伝えるにはちょっと固い表現になってしまいます。   なので、そんな時は「Take」や「Have」を使ってみましょう!   「Take」と「Have」は、「物を買うとき」と「食べ物を買うとき」で使い分けます。「Take」は「買ったものを持って帰る」というイメージで使われ、「Have」にはもともと「ものを食べる」という意味があるからです!(例:「I had a breakfast (朝ご飯を食べました)」)   なので、「なにかを買うこと」を決めたとき「I’ll take this」、レストランで注文する商品を決めたときは「I’ll have this」と伝えればOKです。   また、「選ぶ」という表現で使える「Go with」も覚えておくと便利です。   「I have plan A and plan […]

覚えた英語を海外で使ってみませんか? ワーホリを使って、働きながら留学しましょう! ≫≫より詳しい情報はこちらから!≪≪      トイレに入っている時にノックされたら、なんて答えればいいんでしょうか?   対応を知っていないと、軽くパニックになりそうなシチュエーションですよね。   基本的にはノックを返すだけでも意図は伝わると思います。ただ、合わせて一言付け加えるだけでかなり印象がよくなります。   自分が入っていることを伝えるので、「I’m in here (中に入ってます)」でもOKです。   もしくは「Just a minutes.(ちょっと待って)」「In a minutes.(すぐ出るよ)」という言い回しの方がしっくりくるかもしれません。   逆に、トイレの個室で具合の悪そうな声を聴いたら、「Is everything alright?(大丈夫ですか?)」「Do you need a hand?(助けがいりますか?)」と声をかけてあげましょうね!       日本ワーキング・ホリデー協会 KOTARO

覚えた英語を海外で使ってみませんか? ワーホリを使って、働きながら留学しましょう! ≫≫より詳しい情報はこちらから!≪≪     「荷物を預かって下さい」と頼むときのフレーズを教えてください!   海外に旅行したりするときは、どんなに頑張っても荷物が増えてしまいがちです。ワーホリや留学のように一カ所で長期滞在するならいいのですが、短期滞在中、特にホテルをチェックアウトした後なんかは、荷物がなにかと邪魔になります。   そんな時は、滞在しているホテルにお願いして、荷物を預かってもらいましょう!     「Would you keep my baggage until tonight?」(今晩まで荷物を預かってもらえませんか?)     多くの場合荷物を預かってもらったときに「Certainly, here is your stub/ticket」(もちろんです。半券をお受け取りください)と言って半券(Stub / Ticket)を渡されるので、なくさないようにしましょう。   受け取るときは「I want to pick up my […]

覚えた英語を海外で使ってみませんか? ワーホリを使って、働きながら留学しましょう! ≫≫より詳しい情報はこちらから!≪≪     最近ではFacebookなどのSNSを通して、知人や友人の結婚を知ることも多くなってきたのではないでしょうか。電話や対面で直接お祝いの言葉をかけるより、文字でメッセージを伝える方法を選びがちです。   お祝いの英語表現は、普段からそんなに多用するものでもありません。なので、いざ!というタイミングでなかなか思いつかなかったりするものです。かっこよく「おめでとう」と伝えられれば、相手からの印象もよくなります!   そこで今回は、「結婚お祝いフレーズ10選」を紹介したいと思います!     【1】Congratulations on your wedding! (結婚おめでとう!)   【2】Best wishes! (幸せを祈ります!)   【3】I’m very happy for you! (心から祝福します)   まずは基本のお祝いフレーズから。 相手に「Congratulation」と伝えるときは、「Heartfelt Congratulation」と一言付け足すだけで意味が「心からおめでとう!」になるので、覚えておきましょう。     【4】Wishing […]

覚えた英語を海外で使ってみませんか? ワーホリを使って、働きながら留学しましょう! ≫≫より詳しい情報はこちらから!≪≪     旅行でも留学でもワーホリでも、海外にいる間レストランを使う機会はかなり多いと思います。   最初はいろいろと戸惑うことも多いと思うので、今回はレストランで使える英語フレーズをシチュエーションごとに分けてご紹介します!   =====   ■ 予約を入れるとき まずは「I want to make a reservation. (予約をしたいです)」とお店の方に伝えましょう。その後に日にち・時間・人数などに答えていきます。   まとめて伝えるなら、この様な文章になります。 I’d like to make a reservation for tonight at seven thirty for two […]

覚えた英語を海外で使ってみませんか? ワーホリを使って、働きながら留学しましょう! ≫≫より詳しい情報はこちらから!≪≪     相手が男性か女性かわからない場合に使う敬称は何ですか? どちらでも問題がないよう、「Mr./Ms.」を使います。   メールや電話でやり取りをする際、名前だけだと相手の性別が分からないことってありますよね。日本語だと「○○さん」「○○様」と敬称を付ければOKですが、言語によっては男女で敬称を使い分けなくてはならないので、どう呼ぶべきか悩んじゃいますよね。   相手の性別がわからない場合は、「Dear Mr./Ms. (相手のラストネーム)」として始めるとよいでしょう。これならどちらの性別でも問題ありません。もう少しカジュアルな伝え方をしたい場合は、「Hi (相手のファーストネーム)」を使いましょう。   最近では「○○-san」という表現もよく使われるようになっています。日本語の「さん」づけが、英語として広く知られるようになったからです!例えばメールや電話でJohn Smithさんを呼ぶときは、「John-san」「Smith-san」でも全く問題ないんですね。   男女、特に女性の敬称はいろいろと種類があるので間違えないようにしないといけません。もし表現を忘れてしまったときは、今回の敬称を使っていくと間違いがありませんよ。   【関連記事】朝のあいさつ、「Good morning」だけでは物足りない!   日本ワーキング・ホリデー協会 KOTARO

覚えた英語を海外で使ってみませんか? ワーホリを使って、働きながら留学しましょう! ≫≫より詳しい情報はこちらから!≪≪     4月は始まりの季節。今月から新社会人として、新しい生活をスタートした方も多いのではないでしょうか。   新社会人がまず覚えなければならないのが、社会の常識、ビジネスマナー!その中でも気を遣うのが、直接取引先の方と直接顔を合わせる「名刺交換のビジネスマナー」です。   「名刺」は英語で「Business card」と呼ばれています。   相手と名刺を交換したいときは、「Could I exchange business card?」(名刺を交換させていただけますか?)、「Here is my business card.」(こちらが私の名刺です)と伝えて自分の名刺を渡しましょう。   ただ、これだけでは淡泊な印象を相手に与えしまします!   それもそのはず。日本ではまず名刺を交換してから話を切り出しますが、海外では初対面の人にはまず挨拶と握手、そして簡単な自己紹介をするのが基本だからなんです。   「Hi. My name is ~」「こんにちは。私の名前は~です。」 「I work for him/her」「(彼/彼女)の下で働いています。」 […]

覚えた英語を海外で使ってみませんか? ワーホリを使って、働きながら留学しましょう! ≫≫より詳しい情報はこちらから!≪≪     「Are you Freshman?」と聞かれたのですが、これってどんな意味ですか? あなたの学年を聞かれているんです。   4月。日本では新学期のシーズンを迎え、新しい学校へ入学された方も多いのではないかと思います。   日本では小学校が6年間、中学が3年、高校が3年となっていますが、海外では全く異なるルールが使われていることをご存知ですか??   まず、海外では4月ではなく9月が新学期・新年度です!そのため、日本では4月に留学性が増えますが、海外では9月に留学生が増えがちです。   小中高それぞれの学年も大きく異なり、アメリカでは「小学校5年制、中学校3年制、高校4年制」が主流です。小学1年生~中学3年生までが一つのくくりとして扱われるので、小1が「1st grade」で、中3が「8th grade」、つまり「8年生」と表記されます。   そして、高校では、それぞれ呼び方が以下のように変化します! 9年生 = Freshman 10年生 = Sophomore 11年生 = Junior 12年生 = Senior   大学も基本的に4年生なので、高校と同じ呼び方をします。 […]

覚えた英語を海外で使ってみませんか? ワーホリを使って、働きながら留学しましょう! ≫≫より詳しい情報はこちらから!≪≪   2017年、今年もWBCが開催され日本は熱狂の渦に巻き込まれました!   野球って専門用語が多いので、敬遠してしまう人も少なくないと思います。(敬遠も野球用語のひとつですね!)   でも、野球の専門用語もビジネスシーンで普通に使われているのをご存知でしょうか!?今回は、普通に会話で使われている野球の専門英語をご紹介します!   ■ in the ballpark 野球用語:「球場」「野球場」 ビジネスシーン:「おおよその数値」「妥当な範囲で」   「Give me a ballpark figure of budget for next year.」 (来年度予算のおおよその数値を見せてくれ)       ■ off base 野球用語:「塁から離れる」 […]

 
ワーキングホリデー(ワーホリ)の一番人気はオーストラリア