日本ワーキング・ホリデー協会のコタロが教える英語集

KOTANGLISH
What is KOTANGLISH? Ask Your Question

Posts By: KOTARO

  国ごとで英語に違いがあること、皆さんはご存じですか?   発音が違ったり、言葉の使い方が違ったり、同じ英語でも国や地域によって全く別の言語の様に感じることもあります!   今回のフレーズ英会話では、そんな各国の英語の違いをご紹介していきます♪   まずは国ごとの特徴紹介!   アメリカ英語   アメリカ英語、米語は一般的な認知度の高い英語で、日本では一般的に米語を英語として習います。   日本人に一番馴染みがある英語なので、聞き取りやすく理解しやすいのが特徴です。しかし米語がつかわれるアメリカやカナダは国土が広い為州や地域で訛りがきつくなる場合もあります。   イギリス英語   イギリス英語は「Queens English」とも呼ばれ、歴史が長く美しさがあると言われています。   米語との主な違いは、発音や単語の使い方。例えばよく「R」の発音が日本人には難しいと言われますが、イギリス英語ではほとんど舌を巻かずにそのまま発音します!   オーストラリア英語   豪語はイギリス英語に強く影響を受けているので、基本的には「イギリス英語に近い」といった認識で問題ありません。   豪語最大の特徴は発音。「a」を「エイ」ではなく「アイ」と発音したり、言葉の間に間を置かないので、初めて豪語を聞いた人は「聞き取りにくい」と感じることが多いそうです。     英語の違いの例   実際に例を挙げて、英語の違いをみてみましょう!   アメリカ英語とイギリス英語の違い   […]

ワーホリで海外に行くからには、やっぱり働きたいですよね!でも・・・英語でアルバイトの面接を受ける準備は出来ていますか??   「英語はある程度できるから!」 「バイトの面接だし覚えてる事を言うだけ!」 「海外でバイト始めたら英語くらい何とかなるでしょ」 「所詮バイトだし、余裕でしょ~」   とか思っていませんかー!?   もちろん海外で仕事をすることが出来れば、アルバイトであっても語学力も格段に上達しますし、生活費も稼げるので、生活にも張りが出ます!   ・・・でも、大事な事を忘れていませんか?アルバイトであっても、現地で働く為には、日本と同じく「面接」を受ける必要があるのです!もちろん海外で働くのですから、履歴書から面接まで全て英語!   行ってから準備するのではなく、行く前からしっかり対策していきましょう!   ================================   それでは早速、アルバイトの面接の時に役立つ英語フレーズをご紹介!   海外でも面接会場は非常にフォーマルな場です。これはインターンシップや企業だけでなく、アルバイトの面接でも同じです。   前回のフレーズ英会話 ビジネス英語編でもご紹介しましたが、面接の時から敬語をしっかりと使う事で、好印象を与えられます!   I agree with you  同感です   I’m afraid I disagree  同意しかねます   […]

  今回のフレーズ英会話も前回に引き続き「バカンスを満喫するためのフレーズ集」です!   ~観光地で使うフレーズ編~   観光先では、場所によってチケットが必要になるかも。   Do I need to have a ticket to get inside? 中に入るのにチケットが必要ですか?   I want to buy tickets for two adults 大人2人分のチケットを買いたいです   Does this ticket have a valid […]

  皆さんは会社や会議など、ビジネスシーンでは必ず敬語を使いますよね?   では英語で話をするときはどうでしょう?フォーマルな場でちゃんと敬語を使えますか??   「え!?英語に敬語があるの??」なんて言われたりもしますが、もちろん英語にも敬語はあります!「英語の敬語」は、ワーホリで海外へ行かれる多くの方がぶつかる壁でありみなさんが思っている以上に重要なポイントです。   なぜなら「英語の敬語」は普通に海外で生活をしているだけでは身につきにくく、自分から率先して学ばなければならないからです。   フォーマルな場面でいつも通りの話し方をしてしまうと、知らない内に相手に不快な思いをさせてしまうこともあり得ます。   ワーホリに行ってビジネス英語を学びたいと思っている人は、必ずそのことを意識して生活しましょう!   =========================   ではここから、わかりやすく具体的な例をあげてみます!   1.ありがとうございます 「ありがとうございます」を英語にすると、もちろん「Thank You」ですね。 しかしフォーマルな場面で「Thank you」と伝えるだけではカジュアルすぎて、相手に対して失礼になってしまいます!   じゃあ「Thank you very much」は?実はこれでも少し尖った言い方なのでフォーマルなシーンでは使わない方が良いでしょう。   ビジネスシーンで使って失礼のないフレーズは I really appreciate it 本当に感謝しています。   […]

今回のフレーズ英会話も前回に引き続き「バカンスを満喫するためのフレーズ集」!   ~移動する時使えるフレーズ編~   バカンスに行ったら観光したい!でも行きたい場所に行けるか不安。。。 そんな時は、まずはホテルのスタッフに行きたい場所を聞いてみるのが確実です!   Could you tell me how to get to ~? ~に行く方法を教えてくれますか?   How long does it take to get to ~? ~までどれくらい掛かりますか?   ホテルスタッフの方は非常に丁寧に答えてくれますし、ホテルには周辺地図やパンフレットが常備されているので、英語の聞き取りが不安な人は地図に直接書き込んでもらうのもいいですね。   =============================   もし途中で道に迷ってしまったら、躊躇わずに道を聞きましょう!   Could […]

  今回のフレーズ英会話は、少し趣向を変えて「バカンスを満喫するためのフレーズ集」です!   ~ショッピング編~   ① 始めて入るお店だと、どんな物が人気か分からないですよね。そんな時は… Which one is your favorite? お勧めはどれですか? Is there anything special? なにか特別な物ってありますか?   と聞くと、お店の人も気楽に商品を勧めてくれますし、会話も弾むみすよ♪     ② 良い商品を勧められた時は、オーバーリアクションで褒めましょう!   This is fabulous!! すごく綺麗!!   I love this product!! これが気に入りました!   褒められると店員さんもじゃあこれも!と色々紹介してくれるはずです! […]

  海外で使われているフレーズ英会話。第八回目は「Oh my God」   びっくりした時に使うフレーズといえば「Oh my God!」ですね!実はこの「Oh my God」には、色々と深いお話があるんです。   まず「Oh my God 」の「God」は神様のことなので、基本的には必ず最初が大文字になります。   また神様には「Lord」や「Jesus」など別の呼び方があるので、「Oh my Lord」や「Oh Jesus」のように、言い換えて使われることも多いです。   また信仰深い方ネイティブの方などは、神様の名前を口にすることを良しとしない為、「Oh my Gosh」のように少し濁した使い方をすることもあります。   また後半を略して「On my」だけでも、意味が変わらないのも面白いですね!   基本的には驚いた時に使われるフレーズなのですが   Hi, we met again! やぁ、また会ったね! […]

海外で使われているフレーズ英会話。 第七回目のフレーズは「Could you do me a favor?」   英語で誰かに何かを頼む時、皆さんならどんな表現を使いますか?   「Please help me」や「Would you help me?」でも意味合い的には「助けてくれませんか?」なので間違いではありません。   しかしより丁寧にお願いをしたい時は、今回のフレーズ「Could you do me a favor?」を使います。   このフレーズを使う事で「お願いがあるんだけど…聞いてくれない?」といった感じに少し低い姿勢からのお願いになるのでお願いを聞いてもらいやすくなるはずですよ!   逆に「Do me a favor,~」だけだと「頼むから~してくれ!」Pleaseを付けて「Please do me a favor,~」にすると「お願いだから~してくれ」となり、かなりきつい言い方になるので注意しましょう。   […]

  海外で使われているフレーズ英会話。第六回目は良く使われる略語を紹介します。   今回紹介する略語は、主にメールやチャットでのやり取りで使われる単語です。間違っても授業や履歴書で使わないように!!   ①「lol」 lolは最近日本でも良く見ますね。「laughing out loud 」の略で、「大声で笑う」「(笑)」などの意味になります。   ②「jk」 jkは女子高生…ではなく「just kidding」の略で「冗談だよ」といった意味です。   ③「btw」 「by the way」は「ところで~」「ちなみに~」など会話が変わる場面で良く使われます。   ④「aka」 akaはたまに学校の先生も使ったりします。「also known as」の略で「~としても知られている」といった意味です。   この他にも「please」が「PLS」だったり、「see you」が「C U」だったり、仲間同士のやり取りはかなり略語が飛び交う事が多いです。   しかしこれらの略語はあくまでフランクな時限定なので、むやみやたらに使わないよう気をつけましょう!     written by 日本ワーキングホリデー協会 […]

  海外で使われているフレーズ英会話。第五回目は日本語と表現の近い英語を紹介します。   みなさんは「鳥肌が立つ」を英語でなんと言うかご存じですか??   無理に単語だけで訳すと、「stand up bird skin」とかでしょうか。もちろんこれでは間違い。正しく英語に訳すと「I got goose bumps」となります。   goose bumps??といった感じですが、「goose」はガチョウで「bump」はでこぼこの意味。日本語ではどの鳥かわかりませんが、英語だとガチョウと決めているんですね。   では次に「脱帽した!」を訳してみましょう。 これも無理に訳すと「take off hat」になりますが・・・なんとこの訳はほとんど正解です!   正確な使われ方は、「take my hat off to him」で「私は彼に脱帽した」といった意味になります。   この「hat off」はなんと英語が先で、英語の意味に合わせるように日本語ができたとか!このような英語と日本語で表現が近い英単語もおもしろいですね!     written by 日本ワーキングホリデー協会 […]