日本ワーキング・ホリデー協会のコタロが教える英語集

KOTANGLISH
What is KOTANGLISH? Ask Your Question

Posts By: KOTARO

  海外で使われているフレーズ英会話。第五回目は日本語と表現の近い英語を紹介します。   みなさんは「鳥肌が立つ」を英語でなんと言うかご存じですか??   無理に単語だけで訳すと、「stand up bird skin」とかでしょうか。もちろんこれでは間違い。正しく英語に訳すと「I got goose bumps」となります。   goose bumps??といった感じですが、「goose」はガチョウで「bump」はでこぼこの意味。日本語ではどの鳥かわかりませんが、英語だとガチョウと決めているんですね。   では次に「脱帽した!」を訳してみましょう。 これも無理に訳すと「take off hat」になりますが・・・なんとこの訳はほとんど正解です!   正確な使われ方は、「take my hat off to him」で「私は彼に脱帽した」といった意味になります。   この「hat off」はなんと英語が先で、英語の意味に合わせるように日本語ができたとか!このような英語と日本語で表現が近い英単語もおもしろいですね!     written by 日本ワーキングホリデー協会 […]

海外で使われているフレーズ英会話。 第四回目のフレーズは「You made my day!」   英語フレーズの面白いところは、簡単な文章こそ深い意味があることでしょう。今回のフレーズ「You made my day!」もそれに当てはまります。   直訳すると「あなたは私の一日を作ってくれた」となってしまいます。   これだけではわかりにくいですが、勘のいい人はこの時点でどんな意味かわかるかもしれませんね。   「You made my day!」は「キミのおかげで、今日一日が良い日になった!」という意味を持つフレーズになります。   訳だけ見るとかなり大げさな言い回しですが海外ではちょっとしたタイミングで良く使われています。   例えば落としたハンカチを拾ってもらったり、普段より もちょっと良いサービスをしてもらったり、その日一日は忘れられないジョークを言われた後なんかに一言「You made my day!」と付け加えることで、相手にもいい気分になってもらえます!   逆に、ちょっとした感謝の言葉としてこのフレーズを言ってもらえるとすごく嬉しくなります!   もし会話の途中で「You made my day!」と言われたら、きっと貴方の一日も素敵な日になりますよ。   […]

  海外で使われているフレーズ英会話。第三回目のフレーズは「Where were we?」   「Where were we?」という英文を見て、これくらいならわかる!と思う人が多いかもしれません。   実際このフレーズを直訳すると「私たち、どこにいたっけ?」となりますし、文法的にも全く難しくありませんね!   しかし!   会話の途中で突然「Where were we?」と聞かれた時には注意が必要。   「Where were we?」には「えっと、何の話をしていたっけ?」といったニュアンスがあるからです。   また今回の「Where were we?」と同じような使われ方をするのが「Are you following me?」です。   そのまま訳せば「ついてこれる?」ですが、会話の途中では「話の内容がわかる?」といった意味を持つフレーズです。   最初は少し戸惑うかもしれませんが「Where were we?」や「Are you following […]

  海外で使われているフレーズ英会話。 第二回目のフレーズは「Guess what?」   「Guess what?」は前回の「What’s up?」と同じく挨拶や会話の初めに使われるフレーズです。   直訳では「なんだと思う?」「何か当ててみて?」といった意味合いになります。   これを会話の中で使うと「ねぇ、ちょっと聞いて!」といった意味になり、話題にしたいことや話したいことがある時に使えるフレーズになります。   びっくりするような話の前にも良く使われ 「Guess what?」(なぁ聞いてくれよ) 「What?」(どうしたんだい?) 「I bought a new car!」(実は新しい車を買ったんだ!) といった会話の流れになります!   なにやら楽しそうな雰囲気で「Guess what?」と聞かれたら、きっと貴方と共有したい嬉しいことがあったのでしょう。   きっと楽しい会話ができますよ。     written by 日本ワーキングホリデー協会 KOTARO

  みなさんこんにちは!そしてはじめまして! これから毎週月曜日に「フレーズ英会話」を書かせて頂く東京オフィスのコタロです!   このフレーズ英会話では、「海外で普段使われているけど日本だとあまり知られていない」フレーズを皆さんに紹介していきます!   第一回目のフレーズは「What’s up?」   「What’s up?」は日常的に使われるフレーズで「やぁ、何してるんだい?」といった意味になります。   英会話に慣れていないうちは「What’s up?」と聞かれても、「上がどうしたんだろう?」なんて勘違いをしてしまうことで有名なフレーズですね。   挨拶として「何してるんだい?」「最近何かあった?」「よう!」など多くのニュアンスで使われるので、非常に使用頻度の高いフレーズです。   逆に答える時は特に決まったフレーズはないので 「Not much」(特になにも) 「I’m tired」(疲れた) 「I’m studying」(勉強しているんだ) など、その時の状態を答えると良いかもしれません。   また仲の良い友達の間では 「What’s up?」(よう!) 「Hi, what’s up?」(やぁ元気かい?) なんて会話も成立してしまいます!   深く考えすぎず、挨拶の一種として受け答えするのがいいかもしれないですね。 […]

  「のどまで出かかっているのに…」 「あのフレーズが出てこない!」   「相手が言っている事はわかるけど…」 「自分が言いたいことは英語に出来ない!」   「英語を話して伝えているのに…」 「全然相手が理解してくれない!」     英語で話す時、話しかけられた時、こんな体験をしたことがあると思います。   「KOTANGLISH」では日本ワーキングホリデー協会のコタロが、海外では実際にどんな英語フレーズが使われているのか、こんな場面ではなんて言ったらいいのかに焦点を当て、ピンポイントで使える英語フレーズを毎週紹介していきます!   読むだけでは『ばっちり英語』を身につけるのは難しいかもしれません。   まずは一緒に色々な場面で使える便利な英会話フレーズを覚えて、『そこそこ英語』を目指しましょう!