日本ワーキング・ホリデー協会のコタロが教える英語集

KOTANGLISH
What is KOTANGLISH? Ask Your Question

Latest Posts Under: 英語の質問解決Q&A

  「not」は「~ではない」、「don’t」は「~出来ない」  と覚えていますが、そうなると「I don’t like fish.」の訳が変になってしまいます。正しい覚え方を教えてください。   今回は、読者さんから届いた質問にお答えします!   「do」は超基本的な単語ながら、意外とトリッキーな動きをします。なので、まずは基本のおさらいから。   「do」には下記3つのような使い方と意味があります。   1)質問する時 … 「〜しますか?」 例)Do you play tennis?(テニスをしますか?)   2)動作を表現する時 … 「〜する」 例)I’ll do the dishers.(私が皿洗いするよ)   3)強調する時 … 「本当に / 実に」 例)I […]

  「Get this」の使い方を教えてください。   今回は、読者さんから届いた質問にお答えします!   「Get」を使ったイディオムはたくさんありますが、その中でも「Get this」は会話表現としてよく使われるフレーズです。   相手に対して使うと、「Get this」は「ちょっと聞いて」「理解して」という意味を持ち、会話のはじめや、伝えたいことを強調する表現として使われます!   「OK, get this. You need to post this mail ASAP.」 (よし、聞いてくれ。君は可能な限り早くこの手紙を投函する必要がある。)   一方で、自分に対して使うと「I got this !」「私に任せて!」という表現になります。   また、「ここまで来た」「成し遂げた」という意味で「Get this far」というフレーズもよく使われます!   同じようなフレーズとして、「Get it」があります。こちらは「理解する」「了解する」という意味があり、ネイティブも多用するフレーズなので、覚えておきましょう。 […]

  「I have a finger injury. (指を痛める)」という英文を見たのですが、「finger」と「injury」の間に「of」は必要ないのでしょうか?「of」の使い方と、前置詞を使うタイミングについて少しご説明いただけますでしょうか?よろしくお願いいたします。   今回は、読者さんから届いた質問にお答えします!   まず最初に、今回の例文「I have a finger injury」の解説から。   「Injure」は「怪我をする / させる」という意味の動詞ですが、「Injury」は「怪我 / 負傷」という意味の名詞です!そのため、「Finger injury」も「指を怪我した」という意味ではなく、正確には「手指傷害」という病名のことになり、例文の日本語訳も正確には「私は手指傷害を患っている」となるんです。   「指を怪我している」という意味で使うなら「I have a injured finger」の方がニュアンス的にはあっていると思います。   それでは本題に移りますが、「Finger」と「Injury」の間に「of」が入らないのはなぜでしょうか。   第1の理由は、「Finger injury」がそれだけで「手指傷害」というひとつの名詞だから。   第2の理由は「of」の使われ方にあります。「of」の主な用法は、「部分 […]

  「雨上がりの朝は気持ちいい」ってどう訳すのがスマートですか?   今回は、読者さんから届いた質問にお答えします!   英訳したい日本語があるときは、まず、パーツごとに分けて翻訳してみましょう。今回は「雨が上がる」「そのあとの朝」「気持ちいい」という3つのパーツに分けて考えます。   まず「雨上がり」は「After the rain」です。「After a rain」とも表現されますが、「the」を使う方がより「特定の」「特別な」というニュアンスになるため、今回は「the」を使っていきます。   次に「そのあとの朝」は「morning after ~」。最後の「気持ちいい」は「feel good」です。   この3つをくっつけると「The morning after the rain feels good.」となります。この時、どのパーツがどこに行くのか気を付けて組み立ててみたください!     日本ワーキング・ホリデー協会 KOTARO  

  「とっても楽しい家族旅行だった。またあのホテルに行きたい」は英語で、「It was exciting about a family trip.  I want to go to the hotel.」でしょうか?よろしくお願いいたします。   今回は、読者さんから届いた質問にお答えします!   まず最初に、何か前置きや文脈がある場合を除き、こういった文章は「That」を使って始める方が好ましいです。    【関連記事】「It」と「That」の使い分け   また、「Excite」は「(興奮するレベルで)楽しかった」というニュアンスです。シチュエーションによっては若干意味が異なると思うので、様々なキーワードを使い分けるようにしましょう。   よかった ⇒ 「Good」「Great」 楽しい ⇒ 「Fun」 (すごく)楽しい ⇒ 「Awsome」 (素晴らしく)楽しい  ⇒ […]

三単現に関する質問

  三単現についてお聞きしたいのですが、「does」と「動詞+s」の使い方の違いは何でしょうか?よろしくお願いいたします。   今回は、読者さんから届いた質問にお答えします!   ■ 三単現ってなんぞ? 三単現とは、「三人称単数現在のとき、動詞にsがつく」というルールのこと。例えば、「He plays tennis.」という例文の下線部分が三単現ということになります。     ■ 三単現のルール① 上記の説明でもあるのですが、「三人称単数現在」という部分が若干分かりにくいように感じます。   簡単に解説すると… 1)三人称 ⇒ 主語が 「I」でも「You」でもないもの 2)単数 ⇒ 主語が「1人」や「1つ」 3)現在 ⇒ 文章が現在形 この条件を満たした状態が三単現!   例えば、「He (彼)」は「I」でも「You」でもない三人称なので三単現の「s」がつきますが、「They (彼ら)」は単数ではなく三人称複数なので、三単現の「s」はつきません。   「He plays […]

  一つ質問させていただきたいのですが、「私はこの本を読み終えた」は英語で、「I am through with read the book.」で通じますでしょうか?よろしくお願いいたします。   今回は、読者さんから届いた質問にお答えします!   「本を読んだ」という意味で「read through the book」というフレーズがあります。おそらく今回の質問で例に挙げて頂いた英文は、このフレーズをもとに作成されたのではないでしょうか。   現状のままでは、若干意味が伝わりにくいと思います。「本を読み終えた」を英訳するのであれば、下記のような表現を使ってみてください。   「I read the book through.」 「I finished reading the book.」 「I read through the book」   3つとも意味は「私はこの本を読んだ」ですが、「through」を使うと「ただ読む」という意味ではなく「通読した(最初から最後まで目を通した)」というニュアンスを持ちます。 […]

  私がSNSに上げていた写真に対して「so beautiful」と来ました。返し方は「Thank you so much」でいいと思いますか?ちなみに相手は私が好きな番組に出演してる方です   今回は、読者さんから届いた質問にお答えします!   基本的には「Thank you so much 」と返すだけでも問題ありませんが、せっかく好きな人へ返信するのでもう一言追加してみましょう!   「Thank you so much for your message.」 (メッセージありがとうございます!)   「I’m a big fun of yours, and I love your show! […]

  「I mean ~」ってどう使うんですか?   ネイティブがよく会話で使う「I mean ~」というフレーズ。一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。実はいくつかの意味があり、上手に使い分けることができれば表現の幅がぐっと広がります!   今回はその中でも覚えておきたい2つの使い方をご紹介します!   ■ 1.前置きとして使う 文頭で使うことで、「というのも」「つまり」といった説明を追加する際の前置き表現になります。   「I think it’s going to rain soon. I mean, look at the sky.」 (そろそろ雨が降ると思うよ。だって、空を見てみなよ。)   英文では結論を先に伝えてから補足の説明をする傾向があるため、上記の例文のように「I mean」を使って会話の内容をフォローするわけです。     ■ […]

  「コーヒーおごるよ!」ってなんて言うんですか?   デートとかで、「今日はおごるよ」と相手に言うことがあります。特に男性は使う機会が多いのではないでしょうか。   この「おごる」って、英語だとなんて言うんでしょうか?   ■ Treatを使う 「Let me treat you to lunch」(お昼おごるよ)といった形で「Treat」を使うのが一般的です!お会計の時に「It’s my treat」(おごるよ)と伝えるだけでもOK。比較的丁寧な言い回しなので、まずはこのフレーズを使えると間違いないです。     ■ Buyを使う 「Buy」を使うと、よりカジュアルな言い回しになります。「Buy」を使うので「買ってあげる」という訳を連想しやすく、英語が苦手な人にも伝わりやすいです。   「I’ll buy you a coffee」(コーヒーおごるよ)     ■ そのほかの表現 「I got this」 […]

 
ワーキングホリデー(ワーホリ)の一番人気はオーストラリア