日本ワーキング・ホリデー協会のコタロが教える英語集

KOTANGLISH
What is KOTANGLISH? Ask Your Question

Latest Posts Under: すぐに使える英語フレーズ

「You owe me」は若者の会話でよくつかわれるフレーズです。発音は「ユー・オゥ・ミ」どんな意味でしょうか??     「You owe me」は「貸しがあるだろ?」っといった意味になります。   実際の用例は、こんな感じになります。↓   A 「Please, help me!」 (お願い、助けてくれ!) B 「Well, why should I?」 (えぇ、どうして君を助けないといけないんだい?) A 「Come on, you owe me. Right?」 (頼むよ、貸しがあるだろ?)   また、oweはお金の貸し借りにも使われます。   A「How much do I owe […]

  「Why didn’t you say so??」は口喧嘩になった時よく聞くフレーズです。   「Why didn’t you ~」でどうして~してくれなかったの?という意味。   じゃあsoは…?   ケースバイケースですが、実はsoはそのままそうと訳すとわかりやすいです!なのでWhy didn’t you say so?はどうしてそう言ってくれなかったの?になります!   その他にもWhy didn’t you ~ は 「Why didn’t you tell me?」 「Why didn’t you call him?」 […]

『たった一言で相手を笑顔に出来る英語』そんな魔法の様な英語フレーズをご存知ですか??   そのフレーズとは…皆さんも絶対に知っているあの言葉です!   魔法の英語フレーズとは…「Thank you」と「Please」!   それくらいいつも言ってるよ~!と思う人もいるかと思いますが、国民性の違いもあり、自分が思っている以上にこの一言を言えていない場合がほとんどです。   例えばレストランでウェイトレスさんが、オーダーを復唱した時、飲み物を持ってきてくれた時、頼んだものが来た時、様子を見に来てくれた時、お皿を下げてくれた時、お会計の前、お会計の後…そのたびに一言「Thank you」と伝えれていますか?   レストランで水を貰う時、「Water」とだけ伝えていませんか??一言忘れていませんか??   色々なタイミングではっきりと相手の目を見て「Thank you very much」や「Water, please」と一言伝えるだけで、かなり印象が違います!   日本では感謝の気持ちを会釈などの行動で示すことが多いですが、海外でははっきりと言葉で伝えることが大切!   「Thank you」と「Please」はアナタが思っている以上に大切な英語のフレーズなんです♪     written by 日本ワーキングホリデー協会 KOTARO

  今週のフレーズ英会話は、先週に引き続き恋愛特集!今回は「男性から女性へ、愛の告白編」をお届けします♪   もうすぐバレンタインですが、日本と海外のバレンタインは大きく違っています。   日本のバレンタインと言えば、「女性から好きな男性にチョコレートを渡す日」ですが 海外では「男性が女性に感謝と愛を表現する日」なんですよ!   なので海外にはホワイトデーが存在していないんですよね~   パートナーがいる人は日ごろの感謝と愛をこめて、日ごろ言えないあまーい言葉をかけてみてはいかがでしょうか?(*≧v≦*)   ====================   “I wanna be here for you” (お前と一緒にいたいんだ)   “I’m here to be with you” (俺は君のために、ここにいるよ)   “You ‘re my everything” (君が僕の全てなんだ) […]

  ワーホリや留学での海外生活。学校にアルバイトと忙しいかもしれません。   それでもやっぱり海外に来ているのだから・・・外人と恋、したいですよね!恋話もしたいですよね!   せっかくだから、英語で恋話しちゃいましょう!   今回のフレーズ英会話は、「恋愛英語フレーズ 恋話編」をお届けします! 例え国は違っても、恋の話は万国共通!恥ずかしがらずに、共有の話題に花を咲かせましょう~!w   ===============   恋話はまず相手を探るところから!笑 英語だからといって臆さずに、ずいずい聞いていきましょう!   I’m in love with ~ 「~に恋をしてるの」 ※~の部分には、食べ物なんかも入ります。「I’m in love with chocolate!(チョコレートが大好きなの!)」   Are you seeing someone? 「付き合っている人居るの?」   Who are you […]

  先日、日本では成人式が開かれました!夢を持った若者のみなさんを見ると、こちらも身が引き締まりますね♪   今日は誰かを応援するフレーズをご紹介します!   Give it a shot / Give it a try “shot”は本来「発射」や「弾丸」という意味ですが、それ以外にも「試み、機会、チャンス」という意味もあるんです。   なので“give it a shot”を直訳すると、「試みを与える」や「チャンスを与える」という意味になりそこから、「やってみる」「試してみる」「挑戦してみる」などという意味になるんです!   「結果はどうなるか分からないけど、とにかくやってみろよ!」といった形で、誰かを応援するときに使ってみましょう!     Have a go “have a go“も”give it a shot“と同じく、「やってみろよ!」という応援フレーズです。   実は“go”にも名詞として、「試み、やってみること」という意味があります。なので“have […]

  日本語でもそうですが、会話のキャッチボールを続けるために一番重要なのはその会話に合った「質問」をできるかどうかだと思います。   そこで今週のフレーズ英会話は「ここ一番での質問フレーズ」を紹介します!     例えば? (Like what?) 日本人に「例えば?」を訳してくださいと聞くと8割くらいは「For example?」と答えると思います。   間違ってはいないのですが…これはとっても堅い表現です!ニュアンス的には「具体的に例えてみて下さいませんか?」くらいの堅さです!   普段使う分には、「Like what?」くらいフレンドリーで問題ないのです。   ちなみにLikeには「好き」という意味とは別に、「例えば」という意味もあります。言いたいことが喉まで出かかっている時「例えば~えっとぉ~」と言いたいときは英語で、「Like….like a….」となります。     どう思う? (What do you say?) 「What do you think?」じゃないの??と思うかもしれません。   もちろんthinkを使ってもOKですが、thinkを使うよりsayを使う方が相手に対してより具体的な「答え」を求めているという意思表示になります。   また「What do you say?」には「どう思う?」以外にも「どうする?」といった意味もあります。 […]

  家を探す時、日本には不動産屋さんがたくさんあるので条件に合った物件を探したり、契約をするのが簡単にできてしまいます。   しかし、海外にはあまり不動産屋さんがいない為物件探しや賃貸の契約は全て自分でやらないといけないんです!   今回は海外で物件を探す時に役立つ様々なフレーズをご紹介~♪     1.物件探し中のフレーズ いいお部屋が見つかったら、とにかくアポを取って一度見学に行きましょう!百閒は一見に如かず!良い物件ほど早くなくなりますよ!   「I’m looking for a room.」 部屋を探しています。   「I saw your advertisement on web.」 ネットで広告を見ました。 「Is the room still available?」 部屋はまだ空いていますか?   「I would like […]

  突然ですが問題です! 『急いでいるので、すぐに連絡下さい』という意味になるように、カッコの中に入る単語を選んでみてください!   I need the following information ( ). 【1】ASAP 【2】AWOL 【3】DIY 【4】HMU 【5】BRB   ・・・ ・・ ・   正解は【1】の「ASAP」。これは「As soon as possible」の略で「可能な限りすぐに」という意味です。   では【1】以外の略語はどんな意味でしょうか??ちょっと考えてみて下さい!   これらの略語は海外で非常によく使われています。そこで、今回は有名な物をいくつか紹介していきます   ==========   AWOL 「Absence Without […]

  日本では何気なく使っている家電ですけど、海外ではなんて呼ばれているかご存知ですか??   HeaterやHair Dryerの様に日本語じゃないけど理解できるものから、MicrowaveやFlashlightの様にあまり聞き覚えのないものもあります。   今回は一般的な家電を紹介していくので、是非この機会に覚えてみてください!   ==========   まずは基本的な物から。「Refrigerator」は「冷蔵庫」のことです。ちなみに読み方は「リファジュレイター」で「ファ」の部分にアクセントを置きましょう。「冷凍庫」のこと「Freezer」 と呼びます。なんと海外では冷蔵庫と冷凍庫が別々に設置されている家庭も多いです!   次は「microwave」。直訳は「マイクロ波」ですが、直訳では意味が伝わりにくいですね。「Microwave」は日本語で「電子レンジ」のことです!ちなみに「レンジでチン♪」は英語で「Zap it♪」と言われています。   「Rice cooker」これは分かりやすいのではないでしょうか。これはこのまま直訳で「炊飯器」のことです。ちなみに炊飯器は海外でもメジャーな家電なので、どこにいっても20~30ドルくらいで買えますよ! では今度は…「エアコン」は英語でなんて言うでしょう?エアコンも実は和製英語!正しくは「Air Conditioner」の略なのです!ちなみにクーラーのことも同じく「Air Conditioner」と呼びます。   じゃあ最後は「電池」を英語でなんて言うでしょう??答えは………「Battery」!これは簡単ですね!それでは「単3電池」は英語で何と言うでしょうか?   これは少し難しいのではないでしょうか??   正解は~…………「AAA Battery」でした!読み方は(トリプルエーバッテリー)です。 海外では単1・単2といった数え方をせず、A・AA・AAAのようにAの数で大きさを表しているんですね。   ==========   いかがだったでしょうか?   普段何気なく使っている家電でも、英語になると咄嗟に出てこないんですよね。家電を階に行く時はもちろん、シェアハウス等を探す際、どんな家電が部屋に設置されているのか確認する時にも必要になる単語なのでしっかり覚えておきましょう! […]

 
ワーキングホリデー(ワーホリ)の一番人気はオーストラリア