日本ワーキング・ホリデー協会のコタロが教える英語集

KOTANGLISH
What is KOTANGLISH? Ask Your Question

Latest Posts Under: 英語に関するプチ知識

  海外で使われているフレーズ英会話。第八回目は「Oh my God」   びっくりした時に使うフレーズといえば「Oh my God!」ですね!実はこの「Oh my God」には、色々と深いお話があるんです。   まず「Oh my God 」の「God」は神様のことなので、基本的には必ず最初が大文字になります。   また神様には「Lord」や「Jesus」など別の呼び方があるので、「Oh my Lord」や「Oh Jesus」のように、言い換えて使われることも多いです。   また信仰深い方ネイティブの方などは、神様の名前を口にすることを良しとしない為、「Oh my Gosh」のように少し濁した使い方をすることもあります。   また後半を略して「On my」だけでも、意味が変わらないのも面白いですね!   基本的には驚いた時に使われるフレーズなのですが   Hi, we met again! やぁ、また会ったね! […]

  海外で使われているフレーズ英会話。第六回目は良く使われる略語を紹介します。   今回紹介する略語は、主にメールやチャットでのやり取りで使われる単語です。間違っても授業や履歴書で使わないように!!   ①「lol」 lolは最近日本でも良く見ますね。「laughing out loud 」の略で、「大声で笑う」「(笑)」などの意味になります。   ②「jk」 jkは女子高生…ではなく「just kidding」の略で「冗談だよ」といった意味です。   ③「btw」 「by the way」は「ところで~」「ちなみに~」など会話が変わる場面で良く使われます。   ④「aka」 akaはたまに学校の先生も使ったりします。「also known as」の略で「~としても知られている」といった意味です。   この他にも「please」が「PLS」だったり、「see you」が「C U」だったり、仲間同士のやり取りはかなり略語が飛び交う事が多いです。   しかしこれらの略語はあくまでフランクな時限定なので、むやみやたらに使わないよう気をつけましょう!     written by 日本ワーキングホリデー協会 […]

  海外で使われているフレーズ英会話。第五回目は日本語と表現の近い英語を紹介します。   みなさんは「鳥肌が立つ」を英語でなんと言うかご存じですか??   無理に単語だけで訳すと、「stand up bird skin」とかでしょうか。もちろんこれでは間違い。正しく英語に訳すと「I got goose bumps」となります。   goose bumps??といった感じですが、「goose」はガチョウで「bump」はでこぼこの意味。日本語ではどの鳥かわかりませんが、英語だとガチョウと決めているんですね。   では次に「脱帽した!」を訳してみましょう。 これも無理に訳すと「take off hat」になりますが・・・なんとこの訳はほとんど正解です!   正確な使われ方は、「take my hat off to him」で「私は彼に脱帽した」といった意味になります。   この「hat off」はなんと英語が先で、英語の意味に合わせるように日本語ができたとか!このような英語と日本語で表現が近い英単語もおもしろいですね!     written by 日本ワーキングホリデー協会 […]

 
ワーキングホリデー(ワーホリ)の一番人気はオーストラリア